保育士の試験の内容について

近年保育士の資格を取得すようとする方が増えています。
保育士の免許を取得するためのもっとも確実な道は保育士の養成学校を卒業する事ですが、様々な理由から学校に通えない方でも、保育士免許取得のための国家試験に合格すれば保育士の資格を取得することが出来ます。



試験は全国の各都道府県で実施されていて、年に一回行われています。試験内容はどこで受けても同じ内容になります。



試験には一次と二次があり、一次は全科目の全問題がマークシートの5択選択式で行われます。

科目は発達心理学、児童福祉、社会福祉、小児保健、精神保健、保育実習理論、小児栄養、教育原理、保健原理、用語原理の10項目で、合格ラインはどれも6割以上の得点が合格ラインであると言われています。2次は実技になり、1時の筆記を合格した者のみが受験することが出来ます。

実技は選択式で、音楽、言語、絵画制作、一般保育の中から3つ選ばれるので、その3つの中から2つ選択して受験する事になります。



実技はどの科目も満点は50点で筆記と同様に6割以上の得点が合格ラインであると言われています。

受験するために必要なものは顔写真を貼った受験の申請書と受験資格を有していると証明できる書類と12,905円の受験料の支払いです。保育の資格は人気があるため、多くの参考書が発刊されています。

このような参考書には全科目の重要項目や過去に出題された問題、効率的に学習するためのポイント等が記載されているので、合格のために積極的に利用しましょう。