保育士試験の勉強法について

国家資格の1つとなる保育士は、一度取得をすれば更新等の必要はなく、そのために、様々な理由から一度職場を離れたとしても、復帰をすることでまた活用をすることができるようになっています。

保育士資格の取得をするには、児童家庭福祉を始めとする8科目の筆記試験、実技試験となる音楽表現や造形表現等から選ぶ2分野に関して合格をする必要があります。概ね、各科目の60%以上を取れば合格するされていますが、合格率に関しては、例年、10~20%で推移をしており、そのために、試験対策が重要となってきます。

保育士の試験勉強法としては、大きく2つがあり、それは独学で行なっていく方法とスクールや通信王座を活用しての学習方法となります。

それぞれにメリット、デメリットがありますが、まず、独学の場合には少ない費用で行うことができます。



かかるものとしてはテキストや参考書だけとなり、他には費用がかかないことがあります。



但し、しっかりとした学習計画を設けて望む必要があり、忍耐や精神力が少ない場合には、途中で頓挫をしたり、継続した学習に結びつかなくなる場合があります。

スクールや通信講座の場合には、あらかじめ決められたカリキュラムに沿って学習をするために、計画的な試験対策をすることができます。



特に、通信講座に関しては、概ね、テキストを活用しての無理のない学習方法となっており、空き時間でも効率よく学ぶことができるようになっています。

また、不明な点などの関しても、多くはメール等での質疑応答を受け付けており初めての場合にも不安なく取り組むことができるようになっています。反面、デメリットとしては費用がかかることがあり、分割払いでも可能とななるもののテキスト等を含め、50,000円以上が必要となります。